スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/12 JAM Project Hurricane Tour 2009 『Gate of the future』 @武道館 

Vocal : JAM Project (影山ヒロノブ、遠藤正明、きただにひろし、
奥井雅美、福山芳樹、ヒカルド・クルーズ)
Guitar:MACARONI★
Guitar:TAKEO
Bass:Ikuo
Keyboards:寺田志保
Drums:青山英樹


Setlist

Overture
Crest of "Z's"
ハリケーンLOVE
Legend of Heroes
ハローダーウィン! ~好奇心オンデマンド~
牙狼~SAVIOR IN THE DARK~
【メドレー】
Break Out
迷宮のプリズナー
限界バトル
紅の牙

GONG
未来への咆哮
No Border WORLD TOUR 2008(映像)
Get over the Border
Cosmic Dance
BEAUTIFUL PEOPLE(アコースティック)
約束の地(アコースティック)
レスキューファイアー
新曲(マジンガーZ新主題歌)
Sempre Sohando~夢追人~
NEW GENERATION! ~KOBE to the WORLD~
VICTORY
鋼の救世主
SOULTAKER
Rocks

Encore

HERO

Double Encore

SKILL

公演時間(約3時間)

※曲順は一部間違ってるかも。興奮しすぎて記憶曖昧なとこあるのでw



JAM Projectのライブを初めて生で見たのは去年の夏、さいたまスーパー
アリーナにて開催された、「Animelo Summer Live 2008 -Challenge-」
(通称アニサマ)でした。

フェスの大トリとして登場したJAMのメンバー。
当日は現体制での紅一点、奥井雅美さんが体調不良で無念の欠場、
ブラジル人メンバーのヒカルド・クルーズも不在の為、漢4人による、
文字通り「熱血パワーMAX」なライブパフォーマンスが展開されました。

歌った曲は「No Border」「Rocks」「SKILL」とフェスなので多くはありません
でしたが、彼らの熱唱(もはや爆唱といっていいレベル)とそれに呼応する
オーディエンスの熱狂の凄まじさに、自分は完全にハマり虜になりました。

「次、単独があったら絶対に参戦しよう」

そう心に誓って迎えたこの日、6月12日。
個人的には前日が誕生日だったので、自分へのプレゼントという思いも
ありました。
実際にライブを見終えた今、JAMのメンバー、バンド、彼らを支えてきた
スタッフ、彼らを熱烈に応援してるファンの皆さんには、本当にありがとうと
言いたい。
言葉にすると陳腐に思われるかもしれませんが、あの日、あの場には
想像を超える興奮と感動があった。
本当に、本当にJAM Projectは凄い。
いまや世界中でライブを行うスーパーヴォーカルグループな彼らですが、
その人となりはとても真摯で純粋で。あぁ、彼らの歌はこんなにも熱い想い
に満ち溢れているから、国境をも越えて沢山の人達に愛されてるんだなと
ライブで実感致しました。


・・・ちょっと前振りが長くなりました。
ではでは、以下に今回のライブの感想等を覚えてる限り箇条書きで。
(MCのタイミングは特に記憶曖昧なんでその辺はご容赦くださいm(_)m)


・現着したのは6時10分過ぎ。個人的に武道館は去年のマクロスライブ
(去年の11月)以来。会場に入るまでに、学校帰りと思われる制服女子高生
子供連れの親子等を見かけ、「流石、アニソン歌ってるだけあって客層幅広い
なぁ」と思う。

・中に入り、座席確認。スタンド2階の南西N列・・・階段を昇り、M列後方が
通路なのを確認し、「前通路キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!!!」と高まる。
が、N列と思った席へ向かうと、よくよく見たら表示がP列・・・
(´・ω・`)??
一瞬わけわかめだったが、通路沿いに戻ってよく見ると、壁沿いに折り畳み
椅子の列が・・・あぁ、そういやこんなのあったなぁ。すっかり失念してました
(ノ∀`)アチャー

・前通路どころかリアル通路wだったので、前後のスペースは無問題。
左右は正直窮屈に感じたけど、JAMのライブは基本振りコピ無いんで
特に問題はなかったです。

・周りを見ると、思ったより女性が多い。アリーナ席を見下ろすと、更に女性
多いと思った(アリーナはFC枠なのかな?影山ヒロノブさんがMCで聴いた
時、韓国・台湾といったアジア圏からはるばる応援に来たファンの女性達
がスクリーンに映ったよね)

・開演時刻の6時半を少し過ぎたあたりで照明暗転。会場一面に広がる
サイリウムの海。こういうのはいつどこで見ても良い光景だ。

・インストの「Overture」が終わり、「Crest of "Z's"」へ。イントロ始まるや
大歓声。オペラ調のコーラスが響き渡った後、けたたましいインスト、そして
きただにひろしさん(ダニー) の超絶シャウトで遂にライブ開幕!!!!!

・「最初からクライマックス」とはよくいったもので、JAMのライブはマジで全開。
・・・後に痛感したが、ちょっと違った。JAMのライブは

「最初から ず っ と クライマックス」でした。

メンバー全員よんじゅ(ry超えてるなんて、とても思えない。正に超人。
Z'sはサビで振り付け、というかポーズをどんどん決めてましたね。
間奏の「これより神の領域」以降の大合唱も凄まじかった。。。

・続いて炸裂した「ハリケーンLOVE」。これまた熱い・・・
イントロからもうヘドバンしたくなるwww

・MCで「念願の初武道館公演」を喜ぶメンバー達。
宮城出身の遠藤さんは、一族がバス貸しきる勢いで応援に来たと影山
さんに暴露されてたw

・福山さんのMCはテンションおかしかったw 細かい言い回しは忘れた
けど焦らして煽った後にコール&レスポンスやって、なんてお茶目な
オッサンだと思ったw 

・影山さんは「ライブが金曜でごめんな」「この日しか空いてなかった
んだよぉ~!」と言い、会場の笑いを誘ってたw

・「Legend of Heroes」は元気が出る曲。間奏の盛り上がりがまた良い
よね^^

・「ハローダーウィン! ~好奇心オンデマンド~」 はなんか可愛い曲w

・「牙狼~SAVIOR IN THE DARK~」はなんといっても遠ちゃん!!!
ラスト、静寂の中響き渡る遠藤さんのソロは、心に深く染み渡りました。。。

・メドレー・・・メドレーという感覚は薄かったw 事前に今ツアーのSLは
チェックしてて、もう少しコンパクトな内容なのかな?って想像してたから。
でも、良い意味で期待が裏切られてよかったw
ちなみに、このメドレー「Break Out」からヒカルド・クルーズがステージに合流。
ヒカルドうめーよヒカルド。
日本語も歌も。
アニソン大好き、マグマ大使を知ってるブラジル人・・・ほんとすげーわw
MCも面白かったです。丁寧な日本語で聞きやすかったし。
なんか、パスポートをポケットに入れたまま洗濯機入れちゃって云々みたいな
話もしてましたねw

・「限界バトル」は最初の「ゴー!!ゴー!!」からメンバー、会場一体となって
シャウトしてて熱かったなぁ~ これなら燃え尽きちゃってもいいなマジで。うんw

・MCで満員の会場を見渡して「これだけ沢山で一緒に歌ったらすごいんだろうなぁ」
みたいな事を言ったのは福ちゃんだったかな?その流れで次に来たのが

・「GONG」キタ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━!!!!
うはwwwもうこれやるんかいwwwww
Aメロからメンバーはもちろん、ファンの熱唱も響き綿って。
普段は歌の最初から最後まで周りの事考えずに熱唱し続ける歌唱厨は嫌なん
だけど、今回みたいな流れなら逆に空気読めててすごくいいと思った。
つーか俺、なんか涙出そうだったしw
この歌の熱さはやっぱ半端ねーぜ!!!!

・続いてきたのが「未来への咆哮」!!!!!
イントロのキーボードから会場大歓声!!この曲がいかに人気あるか、体感
しました^^

・あまりにも熱い2曲を終えた後、スクリーンに「No Border WORLD TOUR 2008」
の模様が流れました。
当然のように着席する周りの皆さん。あぁ・・・こういう「場慣れした感」 は自分も
よく分かりますよ。別の現場で散々体験してますから(ノ∀`)w
で、映像の内容なんですが、これまたすごい・・・
台北、サンパウロ、ボルチモア、ソウル、北京、上海、香港、メキシコシティ、
パリ、バルセロナ・・・
世界中のJAMファンが熱狂してる模様を見て、彼らの掲げた「No Border」という
メッセージが実現していることに感動しました。

・・・いや、しかしほんと海外の熱狂的ファンはすごいね。
バルセロナでは、ドラゴンボールのセルのコスプレした人いて吹いたよwww

・そしてこの後やったのがこれですよ。「Get over the Border」。
素晴らしい流れだ。。。

・「Cosmic Dance」
この曲、生で聴けるのを凄く楽しみにしてたんですよ。
JAMというとやはり熱い、盛り上がる曲ってイメージが強いんですが。
この曲はそれとは真逆で。
すごく聴かせる曲なんですね。
生で聴いたら、アコギの音色がより哀愁を誘ってて、もちろんメンバーも
心のこもった歌をじんわりと届けてくれて。本当に最高でした。

・続いてアコースティックコーナー。
影山さん、ダニー、福ちゃんがギター、遠ちゃん、奥井さんがパーカッション
?(楽器の細かい名称が分からないorz)を自ら演奏して聴かせてくれた
ステージ。これまた最高に良かったです。
盛り上がるJAMはもちろん最高。だけど、聴かせるJAMも大好き。

・「BEAUTIFUL PEOPLE」を演奏した後、影山さんが「会場のみんな、
ほんとビューティフルだぞ」「いや、ビューティフルを超えてぐれーとだ!」
と言ってたのも印象的でした^^

・アコースティック2曲目は、「今回ここでどうしてもやりたい曲があって」
と前振りがあり。
今ツアーはそれまで、2曲目に「JAMがもってった!セーラーふく」を
やってたらしいのですが、今回はそれをやらずに「約束の地」をやる
サプライズ!!
正にタイトルの通り、武道館は彼らにとってそういう場所だったわけです^^

・そういやこの曲やった時、ファンの手拍子の取り方妙でしたよね?
表拍っていうんでせうか、演歌や民謡聴いてるようなノリになってて
・・・最初は「この曲ではそういうもんなのかな?」って思い合わせてましたが、
どうも違和感を禁じえなくて・・・途中から裏拍に移行しちゃいました。
そしたら右隣の人も同じノリに変わって、「やっぱ内心同じ事考えてた
のかな?」とか思っちゃいました(ノ∀`)

・この後、確か影山さんに呼ばれて再びヒカルド・クルーズがステージへ。
メドレーが終わったあとからずっと捌けてたんだったかな?
影「ヒカルドは特撮好き?」
ヒ「大好きです!」
影「よし、じゃあ次はこの曲行こうか!!」

・この後、遠ちゃんが最後の「爆鎮完了!!」のコールのやり方を
オーディエンスへレクチャー。

・そして始まった「レスキューファイアー」、これがまた滅茶苦茶熱い!!!!

燃えに燃えるステージ演出もよかったし、何よりBメロの

「だからMotto!!Motto!!!!」
「Motto!!!!Motto!!!!!!」

このコール&レスポンスが最強!!
終盤の遠ちゃんの「魂揺さぶる想い、解~き放て~~~~」がこの曲の熱さ
を物語ってるなぁとも思いました。ほんと遠ちゃんはカッケーわ。
鷲崎健と絡んでる時のしょーもないオッサンぶりとはまるで別人。
いや、自分はどっちも好きなんですけどね!!
(むしろあのラジオのお陰でますますファンになったんで(*ノ∀`))

今回は現着が遅くて物販見てる余裕がなかったので、5月にX JAPANの
ライブにて購入した紅いスイッチ式ペンライトを振りました。
「爆鎮完了」したら、ライト消して満足して一旦仕舞いましたw

・今回、「約束の地」に続いてのサプライズとなったのが新曲披露!!
この新曲と、「Sempre Sohando~夢追人~」はバックのスクリーン映像
についつい目がいきました^^

・「NEW GENERATION! ~KOBE to the WORLD~」ではタオルプレイ
キタ━━━ヽ( ≧▽≦)ノ━━━!!!!

メンバーも会場もタオルぶんぶん振り回す、サビでは初見の人にも
優しい振り付けがあり、より楽しむ事が出来ました!!!
あと、この曲中にバンドのメンバー紹介&各ソロプレイもありましたね♪
演奏中、客席のみんながタオルぶんまわしてるのも印象的だったなぁw

・で、この後が凄まじい4連荘。
もしかするともうちょっと前のタイミングだったかもしれんけど、影山さんが
「みんなー、まだまだいけるかー!?」「これからが本番だ」みたいな事
言った時は「ちょwwwwwwwwww最初からクライマックスだったやんww」
思ったんだけどw
実際やったら確かにこの後の流れはやばかった!!
この辺の流れはもはや言葉にならないほどの熱狂だったので多くは語りません。。。

・あ、でも2つだけ言わせてほしい!
「鋼の救世主」の最後の遠ちゃん、あれはマジやばすぎ!!!!!!!!!!

「スーパー遠藤タイム」の噂はかねがね聞いておりましたが、まさかあれほど
とは・・・遠ちゃん、20秒は余裕で超えて声出続けてたよね??
最後までやりきったの見た時はしびれたよ!!
肺活量とか幾らあるんだろう・・・
つーか、JAMのメンバーは全員「鋼の喉」だよね、あれだけの曲達を最後まで
熱唱し続けられるなんて、ほんと人間ワザとは思えんw

・そして本編最後にやった「Rocks」!!!!
最初の奥井さんの超絶熱唱には鳥肌立った!去年のアニサマではこの部分
は遠ちゃんがやってて、あれはあれですげええええええええええええって
思ったけど。ここはやはり女性たる奥井さんの声が一番きますな。
そして、あの超絶コール&レスポンス。大合唱。
もうほんとマジヤバイ。
今回のライブで、個人的に一番強烈な曲でした。
(後述しますが、SKILLは違う意味で強烈だったw)

やっぱ、Rocksは燃えまくりだぜ!!!!!!!!!!!!!!!!!

・本編が終わり、アンコールを待つオーディエンス。
JAMのライブでは、アンコールを待つ間、みんな「Motto!!Motto!!」
って叫ぶんですね。
なるほど、これほどストレートな、そしてJAMライブにふさわしい言葉は他に
ないなw

・照明が明るくなり、再びステージに現れるメンバー。
アンコールに歌ってくれたのは「HERO」。
これがまた、ええ曲なんだわ・・・
スクリーンにはメンバーの表情が、そして歌詞が映ってました。
とても良い演出でした。。。
みんなで手を左右に振ったり、そんな一体感も良かったですね^^

・この後、また一旦はけるJAMメンバー。
先程より更に熱い「Motto!!Motto!!」コール!!
そしてそれに応えて登場するメンバー達!!

メンバ「お前達が一番聞きたい曲はなんだー!!」
ファン「SKILL-!!!!」
メンバ「聴きたい曲はなんだー!!?」
ファン「SKILL---!!!!!!!!!!」

こんなやりとりを経て、最後の最後にお約束の

SKILLキタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!!!

この曲が持つパワーってやっぱ異常・・・更に、今回はとんでもない
サプライズまで追加!!

2番に入って、ふと気付いたら影山さんと遠ちゃん(だったかな?)が
二人がかりでダニーを抱きかかえてステージ左へそそくさと移動・・・
って、そのままダニー退場させちゃった(爆)

??何やってんだ??

わけがわからぬまま、でもライブはそのまま続行、ダニーがいないまま
2番が終わり、恒例のMotto!!Motto!!煽りまくりんぐタイムへ・・・

あ、ダニー、なんか変装とかして出てくんのかな?

色んな想像が頭をめぐる中、影山さん達が「よーし、みんなで部長
(ダニー)を呼ぶぞー!!」といい、会場みんなで
「部長ー!!」とコール。しかし出てこない。
あら?
もう一度やろうってなって、「部長ー!!」って叫ぶも、うんともすんとも
反応なし。
・・・これは何かトラブったか?
ちょっと心配していたその時!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ダニーが空を飛んだ━━━ヽ( ≧▽≦)ノ━━ヽ( ≧▽≦)ノ━━━!!!!


あの、ジャニーズがよくやるあれですよ、まさかの空中に吊るされたダニー、
これは爆笑するなというほうが無理!!
ちなみにダニー、ヘルメット着用でした。なんか、妙な角が2本生えてて。
正面には「部長」の二文字がついてて。
で、宙を上下左右に奔放に動き回りながら、当の本人も激しく暴れ
わめいていて。ほんと、笑いが止まりませんでした(*ノ∀`)

普段なら部長であるダニーがジャンプ&「Motto!!Motto!!」を
煽る係なんですが、なんかもう今回はカオスすぎて、実際その辺どう
だったかよく覚えてませんwww
覚えてるのは、「このヤロー!!」ってタオル下に落として、メンバーに
「落ちましたよーw」って言われてワイヤー下がって、受け取って(というか
投げられたんだっけw)また上昇して。またダニー暴れてうりゃーって投げ
落としてw
あと、散々暴れた挙句、「俺はもうこのまま☆になるよ」とか言い出したりw
テンションMAXで

「オマエラー、オマエラの熱気でデカイ玉ねぎ炒めタレやぁああ!!!!」

と絶叫したり(これは超絶名言だったwww)

なんつーかもう、ダニーの独壇場すぎて。
もちろん自分も跳ねたり「Motto!!Motto!!」叫びまくったけど。
視線は常に宙を浮いてるダニーに釘づけで。
お陰で完全には歌に集中できなかったよ!!!!!!!!www


・そんなこんなで、最後の曲が終わって。
最後にメンバー1人1人からのメッセージもありました。
みんな一様に良い表情をしていて。メンバーにとって武道館は大きな
1つの目標ではあってすごく嬉しいけど、それがゴールではない。
まだまだこれからもJAM Projectは新たなステージに向けて突き進んで
いく、といった決意をも見せてくれたのは、すごく嬉しかったです。

・あと、それとは別に、影山さんのメッセージもすごく印象的でした。
所属レコード会社・ランティスへの謝意などがあった後に、この武道館
は自分が芸能生活30年以上やってる中でずっと目標、夢にしてた
場所であったこと、本当だったら、古くからの友でLAZYでも共に活動し
現在はランティス社長であるポッキーさんにもこのステージに上がって
欲しかったくらいの気持ちである事、そして、二度と武道館の地には
立つことの出来なくなってしまった、影山さんの幼馴染のこと・・・
この事を話してる途中、影山さんは感極まり、声を詰まらせてました。
これには自分も思わず目頭が熱くなりました。。。

・影山さんはまた、その前のMCで「アニソンは、聴いてるみんなが
パワーをもらえる、元気になれる」、だから、それがアニソンが存在する
理由なんだみたいな事を言ってたと思うんですが。

本当、自分は今回のライブで物凄くパワーをもらったし、これからまた
新たに頑張ろうってポジティブになれました。
自分にとって、最高の誕生日プレゼントになりました。
JAP Projectのメンバーの皆さん、本当にありがとう。

次回は試験が終わった後、8月のアニサマに参戦します。
その時はまた、「約束の地」で存分に弾けたいと思います^^


P.S.アンコールのMCだったかな。福ちゃん、しみじみと「また来年も
ここでやりたいなぁ」って言ってましたね。平日にあれだけのお客さん
が集まったのですから、来年は是非土日に開催して欲しいものです。

あと、昨日のライブでは、ダニーが最後に例のヘルメットをステージ
中央前方に置いて去っていきました。
スクリーンはじーっと、そのメットを映してました。
「マイクの代わりかよ!どこの解散ライブだよ!!」って感じでしたがw

もし来年、また武道館でライブをやるなら、再びメット装着したダニーが
見られるなら、これほど「熱い」展開はないですよね^^

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://reddtti.blog68.fc2.com/tb.php/6-3df25fb4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。